2018年02月15日

代行屋さんは正しい供養方法を知っているとは限らない


「私、お墓参り・掃除の代行をやっている者です」

先日もブログに書きましたが、こうした営業電話が非常に多いです。
そして、私はこうしたお墓参りの代行業者は勉強不足だということも理解しています。

「それなら○○宗の方のお墓参りはどうするかご存知ですか」

私がこういう質問すると、多くの場合、向こうは答えられません。

「勉強不足ですね。供養の代行をするなら知っておいたほうがいいですよ」

と言って、私は電話を切ります。


正しい墓参りを知らないのはいけないこと?

勘違いしないでいただきたいのは、
何も宗派ごとの正しい供養方法を知っていないと
お墓参りをしてはいけない、ということではありません。

「供養は思い」ですから。

ただ、正しい供養をした方がいいですよ、とはお客さまにはご案内して、
私自身がお伝えしています。

私、髙橋は仏教墓塔研究会の認定証を持つ、
本当に正しい宗派ごとのお墓の建て方、供養の仕方を熟知している供養のプロだからです。

→詳しくはこちらで書いています


代行屋さんもビジネスです。
よくよく聞くと、元々何でも屋のような仕事をしている人や、
墓石屋だったなどの、同業者が代行屋になっていることもあるようです。

新しいサービスを作り、食べて行かなくてはいけないのも分かります。
でも人の心が関わってくるこの業界に、知識も無しに土足で入ってくるのは許せません。



正しい供養をしないとご利益がないのか?


ここで神社のお話をしましょう。
神様の祀られている神社には、正しい参拝方法があるのはご存知ですか?

参道の端を歩く・・・真ん中は神様の通り道だから
手水舎には手順がある・・・穢れを落とすところだから
二礼二拍手一礼・・・時代の流れで今はこれが正しい作法のようです

こうした正しい参拝方法は
地域によって、時代によって色々諸説あると思いますが、
この通りにしないと、神様から祟られる、バチが当たる、ご利益が無い、というのは
いささかおかしな話ですよね。


日本の神様は良い神もいれば、悪い神もいます。
上に書かれたものはあくまで「正しい」方法なのであって、
これをしなかったら意味がない、ということは無いと私は思っています。


目上の人への正しい挨拶を知っていますか?


日本は元々、礼儀作法を重んじる国です。
目上の人への挨拶や、手紙の書き方なども事細かにありますよね。

でも、目上の人に多少、失礼なことをしても、
そこまで細かく思われないものです。

丁寧なご挨拶でなくても、心がこもっていれば問題は無いのです。
それだけ、日本は心も大事にする国なのです。

ただ、正しいご挨拶が出来たほうが、
相手に気持ちよく感じていただけたるのも事実
です。


神社の参拝も、墓参りも同じこと。
正しい知識を知っておくのは損ではありません。

代行業者さんも、少なくとも主要の宗派くらいは知っておいて欲しいものですね。
あなたも、自分の家の宗派の供養方法は知っておいたほうがいいかもしれません。

知りたい方は私、髙橋が直接お伝えします。

お気軽に東光墓苑にお越しください。
事前にお電話くださると幸いです。

  


Posted by 東光墓苑 髙橋 at 11:03 │墓活をはじめよう

2018年02月12日

親への感謝を代行屋に頼みますか?


「私、墓参り・掃除の代行サービスをしています」
「お客様へのサービスとして、代行サービスを云々・・・」


そんな営業電話が、昨年からたくさんかかってきます。

私はそうした「墓参り・掃除の代行サービス」というものに、
疑問を感じています。

本来、お墓参りというのは、
ご先祖様に手を合わせる、線香をあげる、花を供える、
という形式ばったものではありません。


お墓参りは「供養」なのです

そこには「思い」が無ければ、供養の意味がありません。

当然、何代も前のご先祖様となれば、繋がりを感じることは出来ないかもしれません。
関わった思い出があるのは自分の親、祖父母、その上くらいまでかもしれません。

しかし、少なくとも今の私達がいるのは、そうしたご先祖様がいたからですよね。
祖父母と会ったことがなくても、親や親戚との会話で、祖父母がどういう人だったかなど、
エピソードを聞く機会はあったと思います。

血の繋がりのある者だからこそ、感じる思いや、共感できることがあると思います。

そうした思いと、命を与えてくれたご先祖様に
感謝の思いを込めて、供養するためにお仏壇やお墓に手を合わせるのです。


あなたは、お墓参りを代行に頼みますか?



そこで最初の話に戻ります。
東光墓苑にかかってきた、こうした営業のお電話の場合、私は上に書いたような事を業者さんに投げかけます。

「あなた自身は、親への感謝を代行屋に頼みますか?」

「ですが、お墓参りに行けない方もいらしゃっていて、望む声もいただいています」

それは事実かもしれませんし、もしそうなら、とっても残念な世の中になりましたね。

しかし、私共のような墓地がお客様に代行墓参りをご提案するのは、失礼なことですよね。
こういう業者さんはそれを理解していないのでしょうか?


お墓参りに行かなくても、供養はできるんです。
毎日、心の中でご先祖様に感謝し、心の中で手を合わせるだけでも良いのです。

体調がすぐれない、忙しくて墓参りにいけない。
そういう時は、ご自宅で手を合わせればいいのです。
供養は思いですから。

  


Posted by 東光墓苑 髙橋 at 07:09 │墓活をはじめよう

2017年10月15日

「俺には先祖がいないんだ」



先日、東光墓苑にお立ち寄りいただいた
市木町にお住まいの男性。

自分と奥様の入るお墓を検討しているそうで、
古瀬間の墓地にするか、またはその他の墓地で検討中とのこと。

そんなとき、先月の当墓苑のチラシを見てのご来苑でした。




実際に決めるのは来年になるけれど、ということでしたが、
今のうちから動いているのは、良いことですね。

何事も、早めの準備が良いです。



さて、そのお客様。
何宗ですか?と訪ねたところ、
「俺は先祖がいないんだ。だから何宗とかは無い」
とお答えになられました。


こうしたお返事をいただくことが、
本当に多くなりましたね。


人は生きている以上、
先祖がいないなんてことはありえません。
木の股から生まれてくる人はいません。


そこで、遠方のご実家で、
法事や葬式の際、どんなお経が聞こえてきたか、
子供の頃のことをお聞きすると、何宗かが検討がつきました。

一度、郷里のご兄弟に確認してみるそうです。



宗派によってお墓の建て方が変わります

多くの人が知らない、さらには最近では、
お寺のお坊さんさえも間違った回答をすることもありますが、
お墓の建て方は正しくは、各宗派によって異なります。

お墓に何を彫るのか、お経は何と唱えるのか、
そうした供養の仕方の違いを、私は正しくお伝えしています。


県外から豊田市に移って住まわれているお客様。
もし、墓地をお探しであれば、この東光墓苑へお越しください。

東光墓苑は全面バリアフリー墓苑です。
事前にお電話の上、苑内事務所にお立ち寄りください。

区画分譲は随時、受け付けております。  


Posted by 東光墓苑 髙橋 at 08:14 │墓活をはじめよう

2017年08月25日

お墓は昔は木だった



昔、日本の一般庶民のお墓は、
目印となる木や石だったと言われています。
また仏さんは火葬せずに土葬していました。


それが仏教の広まりと共に、さらには当時の墓地不足を解消するために、
火葬後に石で出来た小さいお墓に供養する、という流れができたそうです。


樹木葬はありか、なしか

以前書いたブログには
私個人としての樹木葬への考え方を書いています。

→記事を見る

当然、お墓の概念も、死生観も、
時代の流れとともに変化してきています。

今、この日本もその過渡期とも言えるんでしょうが・・・。

お墓を管理、販売する業者もビジネスです。
墓地が売れないなら樹木葬を売ろう、という考え方も当然あるわけです。
そうした作られた流行に乗るか、乗らないか、よく考えたほうがいいな、とは
終活を特集したテレビや報道を見ると思うわけです。




前回のブログにも書きましたが、
長い目で見た、コストパフォーマンスの良さで言えば、
実は墓石が一番です。


そこには、遺されたご家族のお参りのしやすさ、
供養の意味といった部分も含められます。


樹木葬はありか、なしか?の答えですが、
私としては「無し」ですが、全ての判断はあなた側にあります。

ただ「樹木葬の響きが良い」「何となくいい感じがする」「手間もかからなさそう」
といったことで選ぶのは良くないですよ。


正しい選択をするなら、墓石のことも知った上でご判断ください。


墓石についてだけは、私は同業の石材屋より詳しい、と自負しています。
正しい判断、正しい終活をするためにも、「墓活」として、東光墓苑の髙橋までおたずねください。

  


Posted by 東光墓苑 髙橋 at 17:07 │墓活をはじめよう

2017年08月01日

墓石は建てず、納骨堂にお骨を納めるということ

東光墓苑の髙橋です。
8月になりました。

最近、墓地のご相談を受ける際に、訊ねられるのが
「東光墓苑さんには納骨堂はありますか?」です。

その都度、ご説明はしているのですが、
東光墓苑には納骨堂はありません。

さらに、日本の供養を学んできた私としては、
納骨堂にお骨を納めるという判断は、良くないと思っています。




納骨堂に納めるということは、
簡単に言えば「そのお骨は無縁仏です」と言っているようなものです。

というのも、元々墓石を建てるということは、
その「家」の供養のために建てます。


しかし納骨堂や永代供養塔、最近では樹木葬や海洋散骨などの
「誰でも受け入れてもらえる」お骨の供養では、「個の家」といった概念ではありません。

そうした供養は本来の形とは違うと私は感じています。



一方、お客様からは
「お墓を建てるより納骨堂に収めたほうがお金かからない」
といったご意見もいただきます。

しかし、納骨堂とお墓を建てることを考えた時、
実は、お墓を建てるほうがお金がかかりません。


納骨堂は納骨する際に費用が発生します。
永代供養費などといった名目で一人◯円といった形で発生します。
そのため、配偶者、お子さん、そしてその子孫が亡くなれば、
その都度、一人につき永代供養費などのお金が発生します。



しかしお墓は最初に建てた後、
追加彫りをしなければお金は基本かかりません。
納骨の儀も、自分たちでお墓を開けて、お骨を袋に入れて収めて供養すれば、費用は発生しません。


納骨堂はその維持管理のために、数年に一度、
維持管理費といった名目での集金があります。

当然、東光墓苑も施設の維持管理のために、
年間3,000円(1区画)の維持管理費をいただいていますが、それだけです。


お墓は一度建てれば300年はもちます。
当然、お墓を定期的にお参りしてキレイに保つなどする必要はありますが、
納骨堂にお骨を納めるべきか、お墓を建てるべきか、冷静に考えて、どちらが家族のためか、
今一度、考えて頂きたいです。


東光墓苑では、こうした供養、終活、墓活についてのご相談
幅広く受け付けております。

お気軽に事務所にお越しください。
わかりやすくご説明させていただきます。  


Posted by 東光墓苑 髙橋 at 14:00 │墓活をはじめよう

2017年07月19日

墓石に家紋を入れなければいけない?

先日、東光墓苑にお越しくださった方から、
墓石に家紋を入れるご相談をいただきました。

宗派にもよりますが、
絶対に家紋を入れなければいけないわけではありません。

墓石には入れなくとも、水鉢や墓誌などに
家紋を入れる方は多くいらっしゃいますよね。
つまり家紋を彫るかどうかは自由です。



しかし、墓石に家紋を入れる場合、
気をつけたほうが良いことがございます。

それは家紋には男紋(おとこもん)、女紋(おんなもん)があるのです。

家紋を入れた着物をお召しになる方も少なくなってきましたが、
そうした着物に家紋を入れる際、男性と女性で入れる家紋が少し異なります。

男性は男紋で、家紋を◯で囲ったもの、
女性は女紋は、◯で囲われていない家紋を入れるのです。


※wikipediaから画像拝借

お墓は基本、その「家」のもので、「家」は男性が継ぐものという習わしがあります。
そのため、お墓を継ぐのは男性のため、多くの場合、家紋を彫る際は「男紋」です。
仏壇なども、家紋を入れますが、基本は男紋です。


しかし、時代も変わり、自由に入れても良い、という発想の現代では、
そうした男紋を入れるべき、と強く言う墓石屋も少なくなりました。
※そもそも知らない墓石屋が大半、ということもあります。


私としても、現代においては希望されれば墓石に女紋を彫っても良いと思っています。
しかし、基本の祀り方としては「男紋」です。


最後にちょっとしたお話。

家紋は江戸時代に一般庶民に広がったものです。
家紋に法律があるわけではなく、ご先祖様が決めた「家」を表すマークですので、自由なのです。

そのため当時の人が「あの人と同じ家紋がいい」だとか、
「憧れのあの人の家紋を倣おう」として決めたことも多いのです。

そのため、現代においても、
先祖代々引き継がれてきた家紋を変える方も少なくありません。

特に「本家」ではなく「新家」の方で、
墓石を建てる際に、家紋を新たに定める、という方もいらっしゃいます。

東光墓苑にも、有名な某キャラクターのマーク
家紋のように墓石に入れている方がいらっしゃいます。

見学に来られた際は探してみてはいかがでしょうか。
  


Posted by 東光墓苑 髙橋 at 15:59 │墓活をはじめよう

2017年06月13日

姑と同じお墓に入りたくない

東光墓苑の髙橋です。

長くお墓・供養の世界に身を置くと、
同業の石屋さんからも質問・相談を受けることがあります。

それは「お墓の揉め事」に関することです。
以前、こんな相談が石屋さんからありました。



長男であるご主人がお亡くなりになり、
残された奥様が、姑と同じお墓に入りたくない、という相談を
お客さんから受けたが、どう返答すべきか。



様々な返答があると思いますが、
「ご主人と奥さんの間にお子さんがいるか」確認をしない墓石屋さんは
まず、勉強不足な方だと私は思います。

詳しい理由やこの返答の意味の説明はここでは控えますが、
気になる方は事務所にお越しくださればご説明します。

また、こうした墓にまつわる相談がございましたら、お気軽に東光墓苑の髙橋までご相談ください。

骨にも権利があり、先祖代々揉めないための法律もございます。
そして仏教に照らし合わせた供養方法も宗派によってございます。



東光墓苑の周りの田んぼも田植えが進み、初夏らしい景色になってまいりました。


終活を始められた方、お待ちしております。  


Posted by 東光墓苑 髙橋 at 17:29 │墓活をはじめよう

2017年01月10日

終活・墓活もしっかり計画を建てましょう



一年の計は元旦にありとも言いますが、
今年の計画を、新年を迎えた元旦に立てましょうという意味の他に、
物事を始めるには、はじめが肝心という意味もあるそうですよ。

つまりしっかり計画を建てることが重要なのだそうです。

私も歳を重ねてきて、病院に通ったり、薬を飲んだりと、
家族や周囲に協力してもらいながらの生活です。

感謝の思いは忘れずにいたいですね。


終活・墓活のゴールは?

ブームになった「終活」。
そしてこのブログタイトルにもいれた「墓活」という言葉。

これらのゴールは何でしょうか?
生前相談・見積もり・遺言書の作成といった準備が終わったら?
それとも自分の、もしくは家族の葬儀が一通り終わったら?


やはり、こうした「人生の片付け」は、
家族に何を伝えて、遺して、その意志を汲み取って行動してくれるか。

つまり、家族にどんな影響を与えられたのか、
それが目に見えてはじめて、ゴールになるのではないでしょうか。


お金を残す?
それとも墓を残す?




昨年、墓地を探している夫婦が来られました。
家族に迷惑かけたくない、自分のことは自分で済ませたい。

そういう思いで、墓活をされているようです。
一通り説明した後、検討していただけることになり、
その旨を息子夫婦たちに話したそうです。

そうしましたら「お墓はまだ先にします」と、後日お返事がありました。


よくよく聞くと、息子夫婦から、
お墓を建てるくらいなら、先に家のリフォームや、
孫も乗る車を買ってよ、というお話があったそうです。

「私たちに迷惑をかけたくないなら、墓じゃなくてこっちだ」と。



本当にこれで良かったのでしょうか?

私もお墓は強制しません。
いろんな家族がいますから。
ですが、、、少し残念な気持ちになります。


あなたの人生はあなたのもの。
たとえ家族であっても、それは変わりません。


あなたの人生の最後を飾る、葬儀やお墓、仏壇など、
死後、遺された家族が自分を思い出してくれるためのものは、
やはり、あなたが断固として決めなければなりません。

もしものとき、慌てふためくのはあなたではなく、家族です。
優先順位を間違えてはいけませんよ。


何事も計画が大事



今あるお金をどう使うか。
何を遺して、何を与えるのか。


そうした計画性をもって、終活に臨んでください。
場合によっては税理士さんや司法書士さんに相談しながら、
人生の片付けを少しずつ始めていってください。



東光墓苑は遺骨が無くてもお墓が建てられます


東光墓苑は市営の墓地とは違い、
生前に区画を決めてお墓を建てられます。

先に準備しておけば、家族に迷惑はかかりません。
あなたの終の棲家となるお墓ですから。
あなたが決めましょう。  


Posted by 東光墓苑 髙橋 at 11:16 │墓活をはじめよう

2016年06月03日

浄土真宗のお墓は仏塔と言います

皆さんご存知でしたか

浄土真宗にはお墓という概念はありません。
浄土真宗ではお墓ではなく仏塔と言います。

つまり、ご先祖様がその石に眠っているわけではなく、
阿弥陀様が奉納されているんです。


なので浄土真宗のお墓には正面に「◯◯家の墓」と入れては間違いです。
といっても、今の時代、浄土真宗で使わない文字さえ使わなければ構わない、
という本願寺のお寺さんもあるようです。


しかし、本来であれば正しいお墓を建てたいですよね。
このように宗派によってお墓の建て方、字の彫り方は異なります。
同じ仏教でもしきたりが違うわけです。



他力本願という言葉をご存知でしょうか。
これは「自分は何もしないで人に任せること」といった使われ方をされます。
この言葉はもともと浄土真宗の親鸞さんが広めた言葉です。


この言葉には浄土真宗の教え、親鸞さんの教えが込められています。
しかし今の使われ方は実は誤用なのです。

どんな意味が込められているのか。
正解を知りたい方は、苑内事務所にお越しください。



正しいお墓や祀り方の知識を学んだことを認められた
仏教墓塔研究会の認定証を持つ私、東光墓苑の髙橋
分かりやすくご説明しますよ。


もちろん、お墓の区画分譲を希望される方もお気軽にどうぞ。  


Posted by 東光墓苑 髙橋 at 11:39 │墓活をはじめよう

2016年05月28日

なむあみだぶつ?なむしゃかむにぶつ?

東光墓苑の隣に大きく枝を広げる
豊田市の名木「ムクノキ」は樹齢400年以上だそうです。

これからの夏に向けて、
見上げるとより大きく見えるようになります。



是非、天気の良い日に東光墓苑へお越しください。


さて、今日は「なんまいだー」についてのお話です。

よく「なんまいだ」「なんまいだぶ」と言いながら
お墓の前で手を合わせている方がいらっしゃいます。

この「なんまいだ」は
「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」と言っています。

しかしこれは浄土宗、浄土真宗です。
なので禅宗などは別になります。

禅宗は「南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)」と言い、
曹洞宗の方はこちらになります。


お墓を建てたい、と仰ってお越しになる方に
私はいつも「どちらの宗派ですか?」とお聞きしています。

というのも、宗派によってお経も違えばお墓の建て方、
掘る文字も異なるからです。



そうしますと「私は宗教はやってないんだ」という方がいらっしゃいます。
しかしよくよく聞いてみますと、ご実家が浄土宗、曹洞宗…といった様に、
その「家の宗派」があるのです。


「俺に先祖はいない」という方もいますが、
いくら新家だからと言って、ご先祖様がいないわけありません。

あなたが生まれてくるにはご両親、祖父母、そのさらに上の世代の人達がおり、
そうした長い縁の中に、その家の宗派というものが隠れているはずです。

自分のルーツの家が、お経で何を唱えているのか。
子供の頃に参加した法事やお葬式等を思い出して分かる、という方も多いです。

お墓を建てる、墓地を探す、その前に、
一度、ご自身の「家」の宗派が何なのか、調べておくと良いと思います。



よくわからないという方は、
是非お気軽に苑内事務所までお越しください。

お越しいただく際は事前にお電話ください。
なお月・木が定休日となっております。
  


Posted by 東光墓苑 髙橋 at 09:55 │墓活をはじめよう